来場者数のお知らせ

ご来場ありがとうございました。

日付 登録入場者数*( )内は前回実績 天気
 11月30日(水) 5,127 (4,007) 晴れ
 12月1日(木) 5,220 (4,886) 晴れ
 12月2日(金) 6,442  (5,833) 晴れ
合 計 16,789  (14,726)  

登録入場者数*
・受付時の入場券枚数および事前登録プリント枚数の合計カウントです。
・リピーター(会期中の複数の日にわたって来場した人)は1名としてカウントしています。
・主催関係者、運営事務局関係者、出展関係者は本集計には含みません。

開催規模:318社・団体 1,025小間 (前回実績:314社・団体 1,006小間)

What's New

2016.12.2 12月2日の会場の様子を掲載しました。ご来場ありがとうございました。
2016.12.1 12月1日の会場の様子を掲載しました。
2016.11.30 11月30日の会場の様子を掲載しました。
2016.11.28 12月2日(金)粉体工学入門セミナー「水中の粉のややこしさと面白さ」は定員に達したため、申込を締め切りました。
他のセミナーも定員に達し次第締め切ります。お申込みはお早めに!!
2016.11.25 11月30日(水)粉体工学会秋期研究発表会 技術セッション1は定員に達したため、申込を締め切りました。
他のセミナーも定員に達し次第締め切ります。お申込みはお早めに!!
2016.11.24 12月2日(金)粉体機器ガイダンス「粒子・物性計測」は定員に達したため、申込を締め切りました。
他のセミナーも定員に達し次第締め切ります。お申込みはお早めに!!
2016.11.24 11月30日(水)粉体工学会秋期研究発表会 技術セッション2は定員に達したため、申込を締め切りました。
他のセミナーも定員に達し次第締め切ります。お申込みはお早めに!!
2016.11.22 11月30日(水)粉体工学会秋期研究発表会 創立60周年記念シンポジウムは定員に達したため、
申込を締め切りました。
他のセミナーも定員に達し次第締め切ります。お申込みはお早めに!!
2016.11.21 11月30日(水)粉体工学入門セミナー「粉体の加工技術」は定員に達したため、申込を締め切りました。
他のセミナーも定員に達し次第締め切ります。お申込みはお早めに!!
2016.11.18 12月1日(木)粉体工学入門セミナー「粉の特徴と取り扱いの基礎」は定員に達したため、申込を締め切りました。
他のセミナーも定員に達し次第締め切ります。お申込みはお早めに!!
2016.11.16 技術相談の事前予約申込みは終了しました。
以降の予約は、11月30日(水)(展示会初日10:00~)「粉の広場内 技術相談受付」より受付けます。
2016.11.16 粉体機器ガイダンス【粉砕】は定員に達したため、申込を締め切りました。
他のセミナーも定員に達し次第締め切ります。お申込みはお早めに!!
2016.10.21 展示会場図を公開しました!
2016.10.21 粉体機器ガイダンス【粉砕】【粒子・物性計測】では、それぞれの機器基本原理と機器選定を分かりやすく解説し、 参加企業各6社によるプレゼンテーションを行います。
2016.10.06 併催行事の事前参加登録を開始しました!
2016.09.30 ホームページをリニューアルしました!
2016.09.29 参加しやすい価格設定に!カタログ展示コーナー出展まだ間に合います!!
2016.09.14 多彩な併催行事を開催! 事前参加登録は10月初旬を予定しております。
2016.08.30 出展社情報を公開しました!
2016.06.28 入場料1,000円が無料になる「来場事前登録」を開始しました!
2016.05.31 「粉体シミュレーション」 動画募集を開始しました!
2016.04.01 プレスリリースを公開しました。
2016.03.17 畑村洋太郎氏(畑村創造工学研究所)による特別講演の開催が決定しました!
2016.03.08 【粉体工学入門セミナー】毎回好評、粉体工学初心者向けの基礎セミナー、今年は会期中3日間開催!
2016.03.08 【粉体機器ガイダンス】「粉砕」「粒子径計測」をテーマに、機器基本原理の解説と、機器選定に役立つ初心者向け  のセミナーを初開催!
2016.01.13 製品技術説明会 1社2枠まで先着順です。ご出展と合わせてお申し込みはお早めに!
2016.01.06 韓国語サイトを公開しました。 
2015.10.28 中国語サイトを公開しました。 
2015.10.27 「先端材料ゾーン【New】」、「粉体シミュレーションゾーン」を設置しました。
2015.10.27 新たな出展社サービスをご用意しました。
2015.10.13 国際粉体工業展東京2016ホームページを公開しました。

開催にあたって

山田幸良

一般社団法人日本粉体工業技術協会主催の「国際粉体工業展東京2016」が、2016年11月30日(水)から12月2日(金)までの3日間、東京ビッグサイトにおいて開催されます。
粉体工業展は東京、大阪でそれぞれ隔年に開催しており、東京での開催は今年で21回目を迎えます。
主要企業による新製品・商品・技術展示に加え、畑村 洋太郎 氏 による「失敗に学ぶ」と題した特別講演や、注目のトピックスにスポットを当てた最新情報フォーラム、粉体工学入門セミナーをはじめ、様々な併催行事・セミナーを連日開催します。「粉の広場」の多彩な企画展示と相俟って、来場者の皆様にとって大いに役立つ情報を提供できるものと確信しております。
是非この機会に本展示会にご来場いただき、粉体技術の「最先端」に接していただければ幸いです。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。   

山田幸良

一般社団法人日本粉体工業技術協会 会長

開催概要

名  称: 国際粉体工業展東京2016
POWTEX TOKYO 2016(第21回)
テ ー マ: この一粒…夢をかたちに─粉の技術─
会  期: 2016年11月30日(水)~12月2日(金)
開場時間: 10:00~18:00(但し12月2日 最終日は17:00まで)
会  場: 東京ビッグサイト(東1・2・3ホールおよび会議棟)
主  催: APPIE 一般社団法人日本粉体工業技術協会
後  援: 農林水産省、文部科学省、国立研究開発法人産業技術総合研究所、
独立行政法人労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所、独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)
特別協賛: 粉体工学会、公益社団法人化学工学会、一般社団法人製剤機械技術学会、日刊工業新聞社、フジサンケイ ビジネスアイ
海外協賛: 中国粉体技術協会、中国顆粒学会、ニュルンベルクメッセ中国、ニュルンベルクメッセインド、UBM キャノン、
The Powder/Bulk Portal、ケムテック財団
協  賛: 塩ビ工業・環境協会、カーボンブラック協会、一般財団法人化学研究評価機構、化成品工業協会、環境資源工学会、一般財団法人機械振興協会、合成ゴム工業会、骨材資源工学会、材料技術研究協会、公益社団法人産業安全技術協会、一般社団法人産業環境管理協会、一般社団法人色材協会、一般社団法人資源・素材学会、人工軽量骨材(ALA)協会、製粉協会、石油化学工業協会、石灰石鉱業協会、一般社団法人セメント協会、耐火物技術協会、タングステン・モリブデン工業会、一般社団法人電池工業会、東京科学機器協会、ナノ学会、一般社団法人ナノテクノロジービジネス推進協議会、日本エアロゾル学会、一般社団法人日本化学工業協会、一般社団法人日本機械学会、公益社団法人日本空気清浄協会、一般社団法人日本計量機器工業連合会、公益社団法人日本下水道協会、一般社団法人日本建設機械施工協会、一般社団法人日本砕石協会、公益社団法人日本材料学会、一般社団法人日本産業機械工業会、一般社団法人日本試薬協会、一般社団法人日本食品機械工業会、一般社団法人日本食品工学会、公益社団法人日本水道協会、日本製薬工業協会、日本製薬団体連合会、日本石灰協会、日本石鹸洗剤工業会、公益社団法人日本セラミックス協会、一般社団法人日本鉄鋼協会、一般社団法人日本電気計測器工業会、日本塗装技術協会、一般社団法人日本塗料工業会、一般社団法人日本乳業協会、一般社団法人日本粘土学会、一般社団法人日本農業機械工業会、日本肥料アンモニア協会、一般社団法人日本ファインセラミックス協会、日本プラスチック工業連盟、日本フレキシブルコンテナ工業会、日本粉末冶金工業会、日本無機薬品協会、日本薬科機器協会、一般社団法人ニューガラスフォーラム、一般社団法人表面技術協会、一般財団法人ファインセラミックスセンター、一般社団法人粉体粉末冶金協会
入 場 料: 1,000円(バーコード登録制)ただし、招待券持参者、 Webによる事前登録者および学生は無料。
開催規模: 318社・団体 1,025小間(11月8日現在)
同時開催: 粉体工学会秋期研究発表会(主催:粉体工学会)