開催にあたり

山田幸良

一般社団法人日本粉体工業技術協会主催の「国際粉体工業展東京2018」が、2018年11月28日(水)から30日(金)までの3日間、東京ビッグサイトにおいて開催されます。

粉体工業展は東京、大阪でそれぞれ隔年に開催しており、東京での開催は今年で22回目を迎えます。

主要企業による製品・技術の展示に加え、山西 健一郎 氏(三菱電機株式会社 特別顧問)による「企業力の源泉と経団連が予想する未来”Society5.0”」と題した特別講演や、注目のトピックスにスポットを当てた最新情報フォーラム、初心者向けの粉体工学入門セミナーや粉体機器ガイダンスをはじめ、様々な併催行事・セミナーを連日開催します。

「粉の広場」の多彩な企画展示と相俟って、来場者の皆様にとって大いに役立つ情報を提供できるものと確信しております。

是非この機会に本展示会にご来場いただき、粉体技術の基礎から最先端まで接することで、事業戦略に活用していただければ幸いです。

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

一般社団法人日本粉体工業技術協会 代表理事 会長 山田幸良

開催概要

名  称: 国際粉体工業展東京2018
POWTEX TOKYO 2018
テ ー マ: この一粒…夢をかたちに─粉の技術─
会  期: 2018年11月28日(水)~11月30日(金)
開場時間: 9:30~17:00(3日間とも)
会  場: 東京ビッグサイト(東1・2・3ホールおよび会議棟)
主  催: APPIE 一般社団法人日本粉体工業技術協会
後  援: 農林水産省、文部科学省、国立研究開発法人産業技術総合研究所、
独立行政法人労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所、
独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)
特別協賛: 一般社団法人粉体工学会、公益社団法人化学工学会、
日刊工業新聞社、フジサンケイ ビジネスアイ
海外協賛: 中国顆粒学会、中国粉体技術協会、
ニュルンベルクメッセインド、 ニュルンベルクメッセ中国、
UBM Canon 、The Powder/Bulk Portal
協  賛: 塩ビ工業・環境協会、カーボンブラック協会、一般財団法人化学研究評価機構、化成品工業協会、環境資源工学会、
一般財団法人機械振興協会、合成ゴム工業会、骨材資源工学会、材料技術研究協会、公益社団法人産業安全技術協会、
一般社団法人産業環境管理協会、一般社団法人色材協会、一般社団法人資源・素材学会、人工軽量骨材(ALA)協会、
一般社団法人製剤機械技術学会、製粉協会、石油化学工業協会、石灰石鉱業協会、一般社団法人セメント協会、耐火物技術協会、
タングステン・モリブデン工業会、一般社団法人電池工業会、一般社団法人東京科学機器協会、ナノ学会、
一般社団法人ナノテクノロジービジネス推進協議会、日本エアロゾル学会、一般社団法人日本化学工業協会、
一般社団法人日本機械学会、公益社団法人日本空気清浄協会、一般社団法人日本計量機器工業連合会、
公益社団法人日本下水道協会、一般社団法人日本建設機械施工協会、一般社団法人日本砕石協会、公益社団法人日本材料学会、
一般社団法人日本産業機械工業会、一般社団法人日本試薬協会、一般社団法人日本食品機械工業会、一般社団法人日本食品工学会、
公益社団法人日本水道協会、日本製薬工業協会、日本製薬団体連合会、日本石灰協会、日本石鹸洗剤工業会、
公益社団法人日本セラミックス協会、一般社団法人日本鉄鋼協会、一般社団法人日本電気計測器工業会、日本塗装技術協会、
一般社団法人日本塗料工業会、一般社団法人日本乳業協会、一般社団法人日本粘土学会、一般社団法人日本農業機械工業会、
日本肥料アンモニア協会、一般社団法人日本ファインセラミックス協会、日本プラスチック工業連盟、
日本フレキシブルコンテナ工業会、日本粉末冶金工業会、一般社団法人日本包装機械工業会、日本無機薬品協会、
日本薬科機器協会、一般社団法人ニューガラスフォーラム、一般社団法人表面技術協会、
一般財団法人ファインセラミックスセンター、一般社団法人粉体粉末冶金協会
(海外協賛、協賛は申請中)
入 場 料: 1,000円(バーコード登録制)ただし、招待券持参者、Webによる事前登録者および学生は無料。
同時開催: 粉体工学会秋期研究発表会(主催:粉体工学会)