製品技術説明会

参加無料当日受付

日程 11月30日(水)~12月2日(金)
会場 展示会場内(東3ホール) 製品技術説明会 Aルーム・Bルーム・Cルーム・Dルーム
定員 各セッション80名
各プログラムの開始15分前より受付開始いたします。(総入替制)
講演内容についてのご質問は各社へTelまたはメールで行ってください。
発表時間 11/30(水)
11:00
~
11:30
Aルーム

inoue.yasuhide@kobelco-matsubo.com

(株)マツボー

安全に爆発圧力と火炎を放散するREMBE社が開発したフレームレス・ベントの紹介

【発表内容】
フレームレス・ベントは受動型防爆技術で多様な業界で使用されています。
船舶やエネルギープラントで使用できる新開発の金属粉じん用、ガス・蒸気用の紹介と、サイバー犯罪の目標になりそうな用途でも問題なく使用されている実例を紹介します。

Dルーム

054-644-7988

(株)カナック

粉だまりの予防と摩耗軽減技術の紹介

【発表内容】
粉体を流す場所では『摩耗』や『粉だまり』さらには、それに起因する『雪崩』が発生することがあります。私どもは粉体が流れる金属のスベリ台形状部に表面処理を行い、それらの問題を軽減する方法を紹介します。

11:45
~
12:15
Aルーム

info@towa-seiden.co.jp

東和制電工業(株)

厳しい環境下での連続測定 ~マイクロ波方式の優位性及び紹介~

【発表内容】
【TOWA】における実例を元に、マイクロ波方式の説明を致します。
また、特性を生かした優位性をご紹介致します。

Bルーム

info@primix.jp

プライミクス(株)

高速攪拌機を用いる粉体微粒子の単分散化と物性制御

【発表内容】
ナノレベルの粉体微粒子は、様々な産業にその応用範囲を広げていますが、粒子相互の付着性、凝集性が高いため、その単分散化が一つの課題として浮上してきました。ここでは、高速攪拌機を用いる分散制御とその応用例について、最新の事例をご紹介します。

Cルーム

072-947-5260

(株)ダルトン

ロバストな工程作りに役立つ計測技術

【発表内容】
モノ作りにおいて、リアルタイムで行う近赤外線(NIR)技術を利用した成分分析、含有水分測定や画像解析技術を利用した粒子径測定結果をフィードバックし制御することで、最終製品の検査だけでなく各工程における安定した品質作りに役立つ技術を紹介。

Dルーム

powder@group.shimadzu.co.jp

(株)島津製作所

微粒子測定の新たな挑戦 -分散・凝集の評価など-

【発表内容】
微粒子測定は、電池材料、触媒、バイオ医薬品などの最先端技術開発にとって重要な評価技術である。
ここでは、微粒子の分散・凝集性評価や密度測定、多孔質材料の細孔測定、ファインバブルの測定など最新のアプリケーションを紹介する。

12:30
~
13:00
Aルーム

info@nmi-jpn.com

日本マグネティックス(株)

高次元での磁性金属異物除去の実現ー最適な磁選機を選択し、もっと使いこなそうー

Bルーム

03-5560-2906

日本コークス工業(株)

メカノケミカルやメカニカルアローイングを効率良く生産する機器のご紹介。

【発表内容】
メカノケミカルやメカニカルアローイングは新材料を開発するのに重要な技術です。しかし、生産性が悪く、スケールアップも難しい処理です。今回、アトライタと比べて能力が約3倍でスケールアップが容易になったアルケミをご紹介致します。

Cルーム

072-778-7304

(株)パウレック

拡張性粉砕ラボ『SLS』、粉砕装置クアドロ『U20,U21 』のご紹介

Dルーム

info-jp@psenterprise.com

ピーエスイージャパン

粉体プロセスモデリングツールgFORMULATEのご紹介

【発表内容】
·スプレードライヤーの最適化とスケールアップ
·製薬プロセスにおける製剤設計
gFORMULATEでは化学反応、晶析、造粒、混合、整粒のモデリングによる最適化検討が可能です。今回は特にスプレードライヤーのスケールアップを中心にご説明します。

13:15
~
13:45
Aルーム

ad.particle@microtrac-bel.com

マイクロトラック・ベル(株)

世界初の機能を搭載した新型高精度ガス蒸気吸着量測定装置他、粉粒体評価装置のご紹介

【発表内容】
比表面積/細孔分布測定装置の最新技術、および、比表面積、真密度、粒子径分布、スラリー分散性等の各種粉粒体物性評価装置のご紹介。

Bルーム

info@betterseishin.co.jp

(株)セイシン企業

粉体の物性評価によるトラブル対策及び安定した品質の確保

【発表内容】
粉体物性測定機マルチテスターMT-02を用いた、粉体の取り扱う上で欠かせない流動性、噴流性、付着性などの解析、その最新活用事例についてご紹介いたします。

Cルーム

0744-32-4055

(株)品川工業所

品川ミキサー 軌跡と自転係数の織り成すマジック

【発表内容】
業界に永くご愛顧頂いている品川ミキサーの軌跡の違いによる混合・混練への影響や、最適な自転係数の選び方を例を挙げて発表致します。現在、品川ミキサーを使用頂いているお客様から、ご検討中のお客様も是非ご参加ください。

Dルーム

eigyo@oc-sd.co.jp

大川原化工機(株)

SPD48 お客様と一緒になって作り上げるスプレードライヤ ~48の項目~

14:00
~
14:30
Aルーム

y.hokota@atexjapan.com

ATEX爆発防護(株)

ATEX火災・爆発防護の新技術(1)

【発表内容】
弊社の日本における活動、およびドイツATEX Explosionsschutz GmbHが開発した瞬間遮断弁、フロート式爆発遮断弁の製品を中心にご紹介します。
他社にはない特徴とユーザーベネフィトをご説明いたします。

Bルーム

sal@ashizawa.com

アシザワ・ファインテック(株)

【乾式のアシザワ 本格始動!】連続式の乾式ビーズミルでサブミクロン粒子を作る

【発表内容】
業界唯一の卓上型 連続式 乾式ビーズミルが満を持して登場。
生産機へのスケールアップも可能です。
使用ビーズの小径化により今まで成し得なかった到達粒度や分布、様々な能力について、最新のデータを交えてご紹介致します。

Cルーム

03-3847-6880

日本ルフト(株)

X線透過式等による濃厚、濃色分散系の原液の分散性・分散安定性評価法の紹介

【発表内容】
分散性・分散安定性評価は原液評価から。X線透過式・分離特性分析装置は、色の影響を受けず、濃厚試料の上澄み評価に加え沈殿高さ、複数粒子の沈降検知が可能。特にインク、セラミックス、電池分野に。超音波式等の原液の分散性評価装置についても紹介。

Dルーム

03-6738-0860

日立工機(株)

「遠心法付着力測定装置」を用いた測定事例と「多機能ろ過乾燥機」のご紹介

【発表内容】
粉体の過剰付着におけるトラブルや、粒子表面改質による付着性の評価に!測定事例を中心にご紹介します。本格的な生産移行前に!スラリー原料のろ過・混合・洗浄・乾燥機能を備えた、研究開発用ろ過乾燥機をご紹介します。

14:45
~
15:15
Aルーム

ask@mkn.co.jp

槇野産業(株)

常識が変わります!フィルムも樹脂も常温で粉砕!

【発表内容】
ペレットやフィルム状物質の微粉砕に画期的な技術が誕生。
粉砕作用部の高精度クリアランスの実現により、液体窒素を使用せず、常温での粉砕が可能に。これまで粉砕が困難であったゴム・弾性体・繊維等も粉砕できるカッターミルをご紹介致します。

Bルーム

buhler.japan@buhlergroup.com

ビューラー(株)

ロールミルによる分散粉砕プロセス

【発表内容】
ロールミルは、インキ、化粧品、電子材料など幅広い工業用途に用いられており、そのニーズはますます高まっています。ロールミルの機械的特徴やロールミルを用いた分散粉砕プロセスの概要、また当社最新機種TriasTMによる応用事例をご紹介いたします。

Cルーム

03-3230-7156

(株)アーステクニカ

アーステクニカの粉砕・分級技術のご紹介

【発表内容】
ロータ冷却式粉砕機「クリプトロンプライム」、流動層式ジェットミル「JEDI」、微粉分級機「ファインセクターθ」等、アーステクニカの粉砕分級装置について、最新動向をご紹介いたします。

Dルーム

03-3518-1194

三洋貿易(株)

液中の粉体、固体分散の安定性の評価法

【発表内容】
液中に粉体、固体分散体を存在させる際のその安定化の手法と評価法をご紹介します。

15:30
~
16:00
Aルーム

miyamoto@mail.inh.co.jp

(株)CPFDLab.

P.D.のMPI並列適用事例及び粗大物体との連成開発

【発表内容】
大阪大学で開発されたMPI並列手法を使った汎用拡張DEMコードPDの適用事例及び粗大物体との連成開発の紹介

Bルーム

03-5730-7615

DKSHジャパン(株)

ジェットミルを利用した最新微粉砕技術

【発表内容】
ミクロマチナチオーネ社(Micro-Macinazione)のジェットミル技術のご紹介

Cルーム

tomomi.sueoka@malvern.com

マルバーン(スペクトリス(株))

インラインによるジェットミル粉砕プロセスの粒度分布リアルタイムモニター

【発表内容】
ジェットミルによる粉砕プロセスで、粉砕された粒子の粒度分布(計測範囲0.1~2,500μm)をインラインでリアルタイムにモニターを行うことで、粉砕しながら粉砕条件を調整することを可能にした粉砕プロセス監視システムをご紹介します。

Dルーム

y.hokota@atexjapan.com

ATEX爆発防護(株)

ATEX火災・爆発防護の新技術(2)

【発表内容】
ドイツATEX Explosionsschutz GmbHが開発した早期火災検知システム
世界の食品工業における、乾燥システムに採用されている早期薫焼CO差分検知システムをご紹介します。
他社にはない特徴とユーザーベネフィトをご説明いたします。

発表時間 12/1(木)
11:00
~
11:30
Aルーム

sales@tokujuk.co.jp

(株)徳寿工作所

連続晶析装置「リアクタルライザー」について

【発表内容】
従来の回分式晶析装置では、結晶の粒径など物性のばらつきや、容積当たりの生産力の低さが課題となっていますが、これらを解決するため、撹拌能力に優れたテイラー渦を応用した連続晶析装置を開発しましたので、実例と共にご紹介いたします。

Bルーム

03-5472-1733

(株)マツボー

ハインケルろ布反転式遠心機の優位性及び後段付帯機器の特長に就いての説明

【発表内容】
ハインケルろ布反転式遠心機と他の遠心機を比較した場合の優位性及びろ布反転遠心分離の各ステップをイメージビデオにて詳細に説明致します。また、遠心機後段用の各付帯機器の説明を行います。
Cルーム

mixer@thinky.co.jp

(株)シンキー

自転・公転ミキサーあわとり練太郎を利用した粉体と樹脂の混練・脱泡・ナノ粉砕技術

【発表内容】
400Gの遠心力により粉末を樹脂中に均一かつ気泡なく分散することができる自転・公転ミキサー(あわとり練太郎)、材料を短時間で約100nmまで粉砕が可能な湿式ナノ砕機NP-100、超音波と自転攪拌によりナノレベル解砕が可能な自転ナノ分散機PR-1について講演を行います。

Dルーム

03-3237-3565

日本フェンオール(株)

粉じん爆発被害軽減 対策製品のご紹介

【発表内容】
粉じん爆発のメカニズム及びプラント災害シナリオのご紹介、安全対策をご紹介致します。

11:45
~
12:15
Aルーム

gskai@rix.co.jp

リックス(株)

G-smasherで行う複合粒子と繊維粒子の解砕

【発表内容】
特徴的な微粒化装置であるG-smasherの原理と特長を説明し、近年の動向についてご報告する。表面被覆された複合粒子は傷つきやすく、また繊維粒子は、繊維がだまになり易いため他の解砕機では解砕が難しいが、G-smasherでの解砕に成功した。

Bルーム

info@seiho-e.com

(株)セイホー

100μフリーを実現する「ノンベルト レナスター」の紹介

【発表内容】
ノンベルト レナスターは、永久磁石を利用した清掃不要の連続式磁力選別機であり、ベルトを使用せず完全水洗いが可能な仕様となっている。また、強力な磁石と飛行軌道の違いによる選別方式で鉄系磁性異物の100μフリーを実現している。

Cルーム

0476-73-5220

日本アイリッヒ(株)

スプレードライヤーではなく、アイリッヒインテンシブミキサーを使用した造粒

【発表内容】
アイリッヒインテンシブミキサーを使用することにより、省エネルギーかつ造粒物の密度をパラメーター変更によってコントロールすることが可能となります。多品種製造にも対応ができます。

Dルーム

045-450-1272

BS&Bセイフティ・システムズ(株)

粉じん爆発の最新の防護技術と最近の動向

【発表内容】
粉体を取り扱うプロセスでは粉じん爆発のリスクを避けては通れません。従来からの爆発放散口、爆発抑制、しゃ断システムに加え、緊急しゃ断弁を組み合わせた最近の動向を紹介します。

12:30
~
13:00
Aルーム

03-3275-3131

エステック(株)

QB型スネコンのバケット洗浄とスネコンシリーズ

【発表内容】
バケット自動洗浄装置を取り付けたQB型スネコンやチェーンレス樹脂製連続バケットコンベヤのSBP型スネコンの紹介と、粉体・粒体、原料~製品までのあらゆるバラ物搬送に対応するためにシリーズ化した二次元搬送用コンベヤ「スネコン」の紹介。

Bルーム

s_sahashi@kurimoto.co.jp

(株)栗本鐵工所

機械システム事業の組織再編、衝撃式粉砕機K-VIXミル及び新技術センターの紹介。

【発表内容】
機械システム事業の組織再編(単体機械からプラントエンジニアリングまでを一貫して対応可能な事業部を発足)。新たに開発した衝撃式粉砕機 「K-VIXミル」の概要及びテストデータの紹介。反応に特化した2軸連続テスト機を揃えた新技術センターの紹介。

Cルーム

072-778-7304

(株)パウレック

画期的、連続顆粒化装置『CTS-SGR』のご紹介

Dルーム

powder@group.shimadzu.co.jp

(株)島津製作所

微粒子測定の新たな挑戦 -分散・凝集の評価など-

【発表内容】
微粒子測定は、電池材料、触媒、バイオ医薬品などの最先端技術開発にとって重要な評価技術である。
ここでは、微粒子の分散・凝集性評価や密度測定、多孔質材料の細孔測定、ファインバブルの測定など最新のアプリケーションを紹介する。

13:15
~
13:45
Aルーム

ad.particle@microtrac-bel.com

マイクロトラック・ベル(株)

最新の粉粒体物性評価装置のご紹介(粒子径分布、粒子形状、分散性)

【発表内容】
レーザーを使用した粒子径分布測定、画像解析式粒子形状測定、スラリー分散性評価装置等、粉粒体物性評価装置のご紹介。

Bルーム

0569-22-5111

ツカサ工業(株)

食品製造環境改善!清掃性・防塵性・デザイン性に優れた粉体設備の紹介

【発表内容】
粉体作業現場での労働者不足、高齢化問題、食品異物のリスクを抱えている設備担当の方必見!衛生管理の厳しい食品業界で培われた清掃性や防塵性に優れたプラント設備を実例と共に紹介致します。

Cルーム

03-3230-7156

(株)アーステクニカ

アーステクニカの乾燥・コーティング技術のご紹介

【発表内容】
撹拌混合造粒機「ハイスピードミキサー」を用いた減圧乾燥設備や、流動層乾燥造粒機「パウドライFP」による微粒子コーティング等、多種多様なニーズにお応えする乾燥・コーティング技術をご紹介いたします。

Dルーム

eigyo@oc-sd.co.jp

大川原化工機(株)

SPD48 お客様と一緒になって作り上げるスプレードライヤ ~48の項目~

14:00
~
14:30
Aルーム

ask@mkn.co.jp

槇野産業(株)

樹脂ペレットとリサイクル品から、微粉・フロスを除去する技術

【発表内容】
ペレトロンディダスターは成形品の不良発生原因になる異物・微粉・フロス・破片を高効率で除去する装置です。押出機・成型機・乾燥機の上に直接設置が可能でコンパクトな構造の除塵機を紹介致します。

Bルーム

0744-32-4055

(株)品川工業所

品川ミキサー 軌跡と自転係数の織り成すマジック

【発表内容】
業界に永くご愛顧頂いている品川ミキサーの軌跡の違いによる混合・混練への影響や、最適な自転係数の選び方を例を挙げて発表致します。現在、品川ミキサーを使用頂いているお客様から、ご検討中のお客様も是非ご参加ください。

Cルーム

POWTEX_TOKYO2016@toyohitec.com

東洋ハイテック(株)

抜群の混合性、衛生性、洗浄性を備え、ソフトな混合から高分散な混合まで対応!amixonのご紹介

【発表内容】
amixon社の混合機は現場目線に立ち、デットスペースがなく洗浄性を追求した混合機です。また原料をソフトな混合から高分散な混合が可能です。真空乾燥機は原料と接する全ての部分に熱媒体を通す事ができ、短時間での乾燥を実現しました。世界中で多くの納入実績を誇り、高い評価を頂いております。

Dルーム

072-947-5260

(株)ダルトン

低酸素、低湿度及び無菌空間を省スペース・低コストで実現するフレキシブルシステム

【発表内容】
食品、化学産業において粉体の酸化、吸湿防止、クロスコンタミ、品質試験の妥当性、が問題となっている。機密性の高いフレキシブルシステムを利用し省スペースで低酸素、低湿度、無菌空間を作り上げる事により諸問題の解決を提案。

14:45
~
15:15
Aルーム

03-5367-2651

ヴァーダー・サイエンティフィック(株)

画像解析式粒子径測定装置カムサイザーシリーズの測定原理および測定例のご紹介

【発表内容】
画像解析式、レーザー、顕微鏡タイプ。それぞれの粒度分布測定方式の違いについて詳しく解説いたします。またカムサイザー最新機種「カムサイザーX2」の新機能である、顕微鏡タイプと同様の画像・画像解析についても、最近の測定事例を交えて紹介します。

Bルーム

info@betterseishin.co.jp

(株)セイシン企業

受託粉体加工を利用した高品質な素材作り

【発表内容】
当社が長年積み重ねてきた粉体加工技術のノウハウを活かした粉砕・分級・乾燥・混合などの加工例を交えながら、自社に設備を導入せずに素材開発・研究が行える、「受託粉体加工」の様々なメリットについてご紹介いたします。

Cルーム

03-3660-3400

日清エンジニアリング(株)

どこまで小さく?乾式分級での世界最小粒子径の挑戦/粉体付着抑制技術の紹介

【発表内容】
乾式では1μmが限界と言われる中、サブミクロン~ナノ領域で活用できる分級の限界に挑戦しています。ここでは最新の開発機器や技術を、また、粉体付着抑制技術によりふるい抜け性を向上させた「Nafitec®ふるい網」と技術の応用について紹介します。

Dルーム

tokyo@okawara.co.jp

(株)大川原製作所

知っておきたい乾燥の基礎知識「液を粉や粒にするには・・・」

【発表内容】
乾燥装置の専門メーカーである大川原製作所が、『乾燥』という操作の基礎知識を分かり易く解説。また、問い合わせが多くなっている液中での加工処理、液から粉、あるいは粒にする仕組みを紹介します。

15:30
~
16:00
Aルーム

カンタクローム・インスツルメンツ・ジャパン合同会社

Yasunori.shitashige@quantachrome.com

粉体計測ならカンタクローム。粉にまつわる必須の測定手法をご紹介

【発表内容】
ますます微細化、機能化が進む粉体の世界。比表面積など従来からある手法の他、
その他カンタクローム最新の測定手法による多角的な粉体材料評価手法をご提案いたします。

Bルーム

tomomi.sueoka@malvern.com

マルバーン(スペクトリス(株))

レーザー回折法と粒子画像解析法の"使い分け"

【発表内容】
レーザー回折法は、粒子計測手法として広く普及していますが、課題も多くあります。本セミナーでは、その課題と画像解析法との組み合わせをご紹介します。

Cルーム

03-5560-6427

月島機械(株)

コンテナハンドリングシステムとコンテナ計量改善技術~適用範囲拡大と高精度計量~

【発表内容】
粉体を扱う設備において、原料の貯蔵、計量、混合、充填工程の取扱いをコンテナにて行う コンテナハンドリングシステム、及びその自動計量工程における当社独自の流量制御バルブ付きコンテナの適用範囲拡大と高精度計量を目的とした改善技術を紹介いたします。

Dルーム

info-jp@psenterprise.com

ピーエスイージャパン

粉体プロセスモデリングツールgFORMULATEのご紹介

【発表内容】
·スプレードライヤーの最適化とスケールアップ
·製薬プロセスにおける製剤設計
gFORMULATEでは化学反応、晶析、造粒、混合、整粒のモデリングによる最適化検討が可能です。今回は特にスプレードライヤーのスケールアップを中心にご説明します。

発表時間 12/2(金)
11:00
~
11:30
Aルーム

04-7128-5051

マイクロメリティックスジャパン合同会社

新しい手法を用いた粉粒体評価技術のご紹介

【発表内容】
新しい手法を用いたかさ・タップ密度測定装置、粉粒体の流動性評価装置、そして画像解析粒子径・形状測定装置のご紹介と新しい応用例

Bルーム

nihon@buchi.com

日本ビュッヒ(株)

スプレードライ(噴霧乾燥) ~粉体化において想定される事例と対策~

【発表内容】
スプレードライによる研究開発段階で想定される代表的な事例を上げ、それぞれに対する対策や技術を紹介します。
[温度設定の正しい考え方]・[乾燥の再現性]・[大径化と装置スケール]・[スケールアップの際に考慮すべきパラメーター]など。

Cルーム

072-855-2704

ホソカワミクロン(株)

粉体の高機能化・高価格化のための粒子設計技術と、新製品の適用事例の紹介

【発表内容】
様々な分野で産業化が進んでいる、複合化、球形化、乾式微小造粒、非晶質化など粒子設計技術について紹介します。
なかでも乾式で微粒子にコーティングし、新たな機能を持った粒子を作り出す、新製品ノビルタ ベルコムにスポットを当てて紹介します。

Dルーム

sales@tokujuk.co.jp

(株)徳寿工作所

進化する超音波式ふるい

【発表内容】
超音波式円形振動ふるいは、これまで微粉のふるい分けに絶大な効果を発揮してきましたが、更なる超音波の可能性を広げる試みとして、単位面積当たりの能力がはるかに大きくできる強制攪拌式ふるいに、超音波を適用した実例をご紹介いたします。

11:45
~
12:15
Aルーム

03-5560-2906

日本コークス工業(株)

冷凍粉砕していた樹脂や食品を常温で粉砕可能にする機器のご紹介。

【発表内容】
熱の影響を受けやすい樹脂や食品の粉砕は冷凍粉砕が多く使われています。今回、ご紹介するセントリカッターは、特殊な粉砕刃と冷却構造を組み合わせることによって、常温粉砕でも熱の影響を極力無くすことに成功しました。

Bルーム

0595-64-1722

日本ニューマチック工業(株)

NPK新製品の紹介 ~新型粉砕機SPK~

【発表内容】
弊社製品衝突板式粉砕機を中心に新製品をご紹介します。
新製品SPK型粉砕機は従来機に比べ、最大2.0倍の生産速度を得ることが可能となり、動力あたりの生産コストが50%減を実現しました。
今回は粉砕原理、粉砕事例、従来機との比較等をご紹介いたします。

Cルーム

03-3660-3400

日清エンジニアリング(株)

粒子径制御でお困りの方必見!粉砕・分級からナノ粒子製造まで受託加工サービスご紹介

【発表内容】
数cmの原料をご準備頂ければ、ご要望の粒子径にてご提供いたします。本発表では、乾式処理では難しかった金属粉や付着性粉体の粉砕分級による粒子径制御や、高周波プラズマを利用したナノ粒子製造および粒子形状の制御など、当社独自技術による受託加工サービスについてご紹介いたします。

Dルーム

info-jp@psenterprise.com

ピーエスイージャパン

粉体プロセスモデリングツールgFORMULATEのご紹介

【発表内容】
·スプレードライヤーの最適化とスケールアップ
·製薬プロセスにおける製剤設計
gFORMULATEでは化学反応、晶析、造粒、混合、整粒のモデリングによる最適化検討が可能です。今回は特にスプレードライヤーのスケールアップを中心にご説明します。

12:30
~
13:00
Aルーム

03-5439-6881

フロイント・ターボ(株)

粉砕性能が飛躍的に向上した高効率アニューラーギャップ方式ビーズミル

【発表内容】
ビーズを効率よく流動させる機構を装備することにより、従来機の 2~3 倍の粉砕性能を持った高効率アニューラーギャップ方式ビーズミルを紹介する。従来機では実現不可能であった高粘度スラリーの粉砕・分散処理を可能とすることを特長とする。

Bルーム

06-6326-2361

鈴木油脂工業(株)

鈴木油脂工業(株)が切り開く粉体技術の未来

【発表内容】
鈴木油脂工業(株)の3つのコア技術(1:多孔質球状粉体の合成、2:マイクロカプセル化、3:コンポジット(表面被覆))について、それぞれの特徴とその応用事例、および近年取り組んでいる3つの技術の組み合わせ事例についてご紹介いたします。

Cルーム

072-778-7304

(株)パウレック

微粒子コーティング装置『MP、SFP、SPC』の事例紹介

Dルーム

powder@group.shimadzu.co.jp

(株)島津製作所

微粒子測定の新たな挑戦 -分散・凝集の評価など-

【発表内容】
微粒子測定は、電池材料、触媒、バイオ医薬品などの最先端技術開発にとって重要な評価技術である。
ここでは、微粒子の分散・凝集性評価や密度測定、多孔質材料の細孔測定、ファインバブルの測定など最新のアプリケーションを紹介する。

13:15
~
13:45
Aルーム

otoiawase@face-kyowa.co.jp

協和界面科学(株)

希釈せず40vol%までの高濃度コロイド粒子の粒度分布及びゼータ電位測定を実現!

【発表内容】
高濃度粒子径・ゼータ電位測定装置を紹介。超音波減衰法に加えて独自の電気音響法を用いて高濃度コロイド粒子の粒度分布及びゼータ電位の同時測定を実現した。これにより実用レベルのコロイド粒子の分散状態を希釈することなく評価できるようにした。

Bルーム

nagare@nara-m.co.jp

(株)奈良機械製作所

粉砕・乾燥・粒子設計技術と衛生管理や機械保守に役立つ新技術の紹介

【発表内容】
粉砕、乾燥、粒子設計などの粉体処理技術についてご紹介します。加えて、衛星管理のための高感度微生物センサーや、簡易的なメンテナンスと優れたシール性を持つ回転機器用軸シール、コンタミのないスラリーポンプなどの新技術についてもご紹介します。

Cルーム

info@akatake.co.jp

赤武エンジニアリング(株)

「フレコンからの抜出しは、下からだけでは無い!!」安全・発塵を考慮した新発想技術

【発表内容】
昨今、フレコン形態での原料納入を希望されるユーザー様が多くなってきております。
原料のコストダウンを図ることができる反面、下部排出の為、発塵・安全対策が必要となります。そんなお悩みを解決出来る弊社新発想技術をご紹介させて頂きます。

Dルーム

072-947-5260

(株)ダルトン

押出造粒における重要なポイント

【発表内容】
農薬、食品、医薬等あらゆる業界で用いられている押出造粒において、原料と結合液を混合する混練の影響、押出造粒方式の影響等を定量的に評価し、造粒物の最適化に繋がるポイントを紹介。

14:00
~
14:30
Aルーム

ask@mkn.co.jp

槇野産業(株)

少量混合は市販容器でコンタミレス、大量混合はシンプルな構造でコストダウン

【発表内容】
少量多品種は新製品のポットブレンダーで!市販容器を使って混合し、そのまま保管。
比重や大きさの異なる材料も短時間で均一混合できます。
大量混合はリボンミキサーで!最大サイズは7000ℓ。サニタリー仕様や各種オプションで、最適設備をご提案致します。

Bルーム

info@horiba.co.jp

(株)堀場製作所

粉を「あつかう・みる・はかる」のソリューション

【発表内容】
粉体製造プロセス中でキーとなる分散・前処理から測定・分析まで。粒子径分布測定・ラマン分光分析・SEM-EDX分析など、HORIBAのコア技術を用いた粉体の複合的評価について具体的な分析事例を交えて紹介・提案いたします。

Cルーム

POWTEX_TOKYO2016@toyohitec.com

東洋ハイテック(株)

粗粉砕からナノレベル粉砕まで、あらゆる粉砕ニーズに対応!NETZSCH粉砕機のご紹介

【発表内容】
NETZSCH社の粉砕機は粗粉砕からナノレベル粉砕まで、あらゆる業種の多様な粉砕ニーズにお応えします。乾式粉砕で唯一1μm以下の超微粒子の粉砕も可能にしました。世界各国でも多くの実績を誇る世界最高峰の粉砕機です。

Dルーム

sal@ashizawa.com

アシザワ・ファインテック(株)

ビーズミルの性能を最大限発揮させる、最適な周辺機器システム提案

【発表内容】
単純にビーズミル単体を運転するだけでは、高品質な粒子の製作は不可能です。
「タンク・撹拌機・フィーダー・ポンプ・配管など」の周辺機器のトータルな最適化が重要です。
ビーズミル本来の性能を発揮させる、最適な周辺機器選定ノウハウをご紹介致します。

14:45
~
15:15
Aルーム

0744-32-4055

(株)品川工業所

品川ミキサー 軌跡と自転係数の織り成すマジック

【発表内容】
業界に永くご愛顧頂いている品川ミキサーの軌跡の違いによる混合・混練への影響や、最適な自転係数の選び方を例を挙げて発表致します。現在、品川ミキサーを使用頂いているお客様から、ご検討中のお客様も是非ご参加ください。

Bルーム

072-855-2704

ホソカワミクロン(株)

IoT活用による粉体プロセスのパラダイムシフト

【発表内容】
IoT技術を粉体業界で活用し、生産効率を向上する手法について紹介する。特に粉砕時における粒子径制御は重要であり、それを実現するハードとソフト、および従来とは異なったアプローチにより生産性を最適化しつつ粒子径を制御する試みについて紹介する。

Cルーム

06-6910-6522

大塚電子(株)

粒子径およびゼータ電位を用いた分散安定性の評価について

【発表内容】
ナノテクノロジー技術の進歩にともない粉体の微粒子化が進んでいます。
微粒子化したことで今まで以上に分散安定性評価が重要になってきています。
このセミナーでは粒子径およびゼータ電位を用いた分散安定性の評価法および最新アプリケーションをご紹介します。

Dルーム

03-3230-7156

(株)アーステクニカ

アーステクニカの粒子表面処理・コーティング技術のご紹介

【発表内容】
様々な粒子設計のニーズにお応えする、乾式・湿式、バッチ式・連続式の各種粒子表面処理とコーティング技術について、具体例を交えながらご紹介いたします。

15:30
~
16:00
Aルーム

nasu@bsb-systems.co.jp

BS&Bセイフティ・システムズ(株)

粉じん爆発の最新の防護技術と最近の動向

【発表内容】
粉体を取り扱うプロセスでは粉じん爆発のリスクを避けては通れません。従来からの爆発放散口、爆発抑制、しゃ断システムに加え、緊急しゃ断弁を組み合わせた最近の動向を紹介します。

Bルーム

三協パイオテク(株)

東京・石川:ishikawa.akinobu-t@sankyo-piotech.co.jp

インパクトライン流量計による計測・定量供給・自動配合及び省スペースの実施例紹介

【発表内容】
*計測:電池原料・バイオ燃料・氷塊・ペットボトル等
*精度・環境:0~20kg/h以上精度2%FS・高温高圧
*供給:流量自動制御、インパクトハイは特に高精度
*自動配合:フイルム、高機能剤等の原料配合に利用
*据付スペースは大幅に縮小できます

Cルーム

tomomi.sueoka@malvern.com

マルバーン(スペクトリス(株))

ナノにはナノの分析手法―ナノ・サブミクロン粒子を正しく知るための分析方法選択概論

【発表内容】
粒子がナノ化することで高機能化が期待できる一方、粒子を目的の大きさに作ることや分散の制御は難しくなります。
本セミナーではナノ・サブミクロンの粒子計測に特化して、各分析方法の特徴や目的に応じた分析手法の選び方など、実際のアプリケーション事例を交えてご紹介します。

Dルーム

eigyo@oc-sd.co.jp

大川原化工機(株)

SPD48 お客様と一緒になって作り上げるスプレードライヤ ~48の項目~